スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


5歳児餓死、母親「腕にアイロン当てた」(読売新聞)

 奈良県桜井市で吉田智樹ちゃん(5)が餓死した事件で、母親のパート店員真朱(まみ)容疑者(26)が「智樹の腕にアイロンの先を押し当てた」と供述していることがわかった。

 智樹ちゃんを自宅のロフトに閉じ込めていたことも判明し、奈良地検は24日、真朱容疑者と父親の会社員博容疑者(35)を保護責任者遺棄致死罪で起訴した。裁判員裁判対象事件となる。

 捜査関係者によると、智樹ちゃんの遺体にアイロンの先とみられる三角形のやけど跡のほか、あざが全身にくまなくあった。真朱容疑者は「イライラした時などにアイロンでやけどをさせた。頭を机に打ちつけたこともあった」と供述しているという。

 真朱容疑者は妹(3)が生まれた3年前から智樹ちゃんを虐待。トイレや風呂以外はロフトに放置したまま、食事や外出をしていた。真朱容疑者は「部屋を広く使うためだった」と話しているという。

 起訴状などでは、2人は、日頃から智樹ちゃんを屋外に出さず、おにぎりと水などわずかな食事しか与えずに放置。昨年9月以降、智樹ちゃんが衰弱しているのを知りながら医師の治療や十分な食事をさせず、餓死させたとしている。

めぐみさん拉致現場「胸詰まる思い」=国家公安委員長が視察−新潟(時事通信)
100人に7人が離婚=10代女性、1年間で−厚労省(時事通信)
<訃報>吉田成堂さん79歳=書家、毎日書道会理事(毎日新聞)
看護師離職率、わずかに低下=研修・支援体制がカギ−協会調査(時事通信)
現存最古「慶祝の舞」鮮やか 京都・平等院(産経新聞)

<長野夫婦殺害>被告に無期懲役の判決 長野地裁上田支部(毎日新聞)

 隣人夫婦を殺害して居宅に放火したとして、殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた長野県上田市上丸子の元会社員、樋口邦雄被告(46)に対し、長野地裁上田支部(川口泰司裁判長)は26日、「動機は短絡的で、残忍で執拗(しつよう)な犯行だ」として、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

 判決は、被害者側が路地に車の通行を妨害するような石や支柱を置いたことなどに、被告が激高して犯行に及んだと認定。その上で「被告にも種々の行き過ぎた対応があった。殺害という方法で憤まんを解消することは正当化できない」などと指摘した。

 判決によると、樋口被告は08年11月21日朝、隣人の唐木博美さん(当時75歳)を車ではねるなどして殺害。自宅にいた夫一男さん(同82歳)の首をつえで圧迫して殺害し、家に火をつけた。【光田宗義】

【関連ニュース】
上田の3人死傷:被告を放火罪で追起訴 /長野

木村威夫氏死去=映画美術監督、鈴木清順作品などで活躍(時事通信)
<民放連>広瀬会長「行き過ぎ」 総務省の自殺報道照会(毎日新聞)
介護施設「利用者本位のサービス提供を」−日医委員会(医療介護CBニュース)
<性的暴行容疑>逮捕の英会話教師、保護者から性教育承諾書(毎日新聞)
不正経理問題で1700人超処分=知事は減給−神奈川県(時事通信)

官房機密費全面公開へ 首相明言(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は23日の参院予算委員会で、使途が不明朗との指摘がある官房機密費(内閣官房報償費)について、「4月からすべての支出をチェックし、公開されるようにすべきだ。適当な年月を経た後、公開するように今準備に取りかかっている」と述べ、使途を含めて全面公開する考えを示した。喜納昌吉氏(民主)の質問に答えた。

 政府は平成22年度予算案で例年と同額の14億6165万円の機密費を計上している。平野博文官房長官は昨年11月、「(22年度の)1年間かけて検証し、しっかり考えたい」と説明し、全面公開については明言を避けていた。

 首相は23日夜も記者団に「今まで一切記録にとどめていなかったことは大変大きな問題だ」と語り、これまでの政府の対応を批判した。ただ、公開時期は「まだ決めていない。(機密費は)国家機密など大変重要なこと、国益に資するために使われるべきで、すぐに公開されてしかるべきだとも思わない」と述べた。

 民主党は13年に、機密費の支払い記録書の作成・保存や、10〜25年経過後の公表を義務づける法案を国会に提出したが、廃案となっている。

「市民に紛れて生活も」=オウム手配容疑者で情報を−警視庁(時事通信)
カルト対策で連携強化=78大学が情報交換−入学シーズンは要注意(時事通信)
花粉症根治薬、8年後にも実用化=鳥居薬品と共同研究開始−理研(時事通信)
<地下鉄サリン15年>遺族、首相らが献花 健康被害なお(毎日新聞)
子供救援名目募金 日教組、連合に1億円 政治行為? 首相「調査必要」(産経新聞)

漫画の性描写規制、継続審査に=条例改正は見送り−都議会(時事通信)

 漫画やアニメでの子供に関する性描写を規制する東京都の青少年健全育成条例改正案について、都議会総務委員会は19日、継続審査とすることを全会一致で決めた。同条例改正案の今議会での成立は見送られることになった。
 最大会派の民主党のほか、共産党、生活者ネットワーク・みらいが「改正内容には多くの課題があり、慎重な審議を行うべきだ」(民主)などとして、継続審査を求めた。条例改正案の早期成立を求める自民、公明両党も「改正を円滑に進めるためにはやむを得ない」(自民)などとして歩み寄った。
 継続審査は30日に予定される本会議で報告され、了承される見通し。 

【関連ニュース】
ネット証券がFXてこ入れ=顧客流入見込み手数料下げなど
ネット関連初の業界団体=政策提言、白書発行など実施へ
カブドットコム、FXの基準スプレッドを縮小=大手ネット証券では最低水準に
タミフル違法広告、4日に逮捕=輸入代行業者ら6人、ネットで宣伝
信頼度高いのはNHKと新聞=メディアに関する世論調査

低気圧、日本海を北東へ=海や山は大荒れ−気象庁(時事通信)
民主「言論封殺」で危険水域 内閣支持率30%割れ目前(J-CASTニュース)
白老バーガーの宣伝に一役=北海道物産展を満喫−首相(時事通信)
生方民主副幹事長解任 蓮舫議員「違和感しか残らない」(J-CASTニュース)
六代目円楽さんが32年ぶりの寄席=東京・末広亭で襲名披露(時事通信)

<シクラメン>「多弁咲き」開発…産業技術総合研など(毎日新聞)

 バラのように花びら(花弁)が50枚以上ついた「多弁咲き」のシクラメンを作ることに、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)と北興化学工業(本社・東京都中央区)の共同チームが成功した。普通のシクラメンは花びら5枚だが、チームは遺伝子工学の技術で雄しべを花びらに変えたうえ、枚数を大幅に増やした。国の認可などを経て数年後の商品化を目指すという。

 シクラメンなど多くの花では、花びらと雄しべはいずれも、共通の「花芽」が変化してできる。

 チームは花芽を雄しべに変える遺伝子を特定し働きを失わせた。すると、花びらを作る別の遺伝子が働き出し、通常なら雄しべが5本できる所に花びら5枚ができて、花びら10枚の「八重咲き」の花が咲いた。

 さらに、花が完成した際に花びら形成などを停止させる遺伝子も特定し、やはり働きを失わせた。その結果、次々に花びらが作られ続けて多弁咲きになった。雄しべなどがなく種ができない花だが、葉を培養し、苗を作って増やせるという。【高木昭午】

【関連ニュース】
雑記帳:すき間からシクラメン、たくましく 千葉・茂原

「不安あおった」統一教会に1億円超賠償命令(読売新聞)
消費者目線でクッキング 「料理サロン」主宰、岩下美帆さん(産経新聞)
<雑記帳>男性下着ファッションショー 大阪(毎日新聞)
天皇陛下が東ティモール大統領とご会見(産経新聞)
需要予測達成8空港のみ=国内旅客、9割は下回る−国交省(時事通信)

総務相の資金パーティー「問題ない」(時事通信)

 原口一博総務相が17日夜に、都内で政治資金パーティーを開く予定であることが分かった。これに関し、平野博文官房長官は午前の記者会見で「今、現実にそういう方式で政治資金を集めることは許されているわけだから、何ら問題はない」と述べた。 

【関連ニュース】
新党結成へ持久戦覚悟?=自民内からは批判噴出
総務相が再び遅刻=野党側の反発で流会
鳩山首相、3470万円を納税=実母からの09年贈与分
首相、離党の邦夫氏にエール=本会議場で会話
同調者確保に本格着手=与謝野、平沼氏らに接触

新潮社側は争う姿勢 前衆院議員・船田氏の名誉毀損訴訟(産経新聞)
7人焼死火災、グループホーム運営会社など捜索(読売新聞)
仕分け対象候補の50法人 行政刷新担当相が公表(産経新聞)
札幌の老人介護施設で火災、中に数人か(読売新聞)
大阪万博から40年、パビリオンで記念式典(産経新聞)

強盗殺人、起訴内容認める=裁判員1人を解任−長野地裁(時事通信)

 長野県上田市の会社役員小嶋直樹さん=当時(61)=を殺害し、預金を引き出したとして、強盗殺人罪などに問われた鉄工所経営朝倉利明被告(50)の裁判員裁判初公判が15日、長野地裁(土屋靖之裁判長)であった。同被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。
 開廷前に、いったん選任された裁判員1人を本人の申し出から解任し、補充裁判員から新たに裁判員を選任。公判は3人の予定の補充裁判員を2人にして開かれた。判決は18日。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
強殺認定に不服、弁護側控訴=2人殺害、裁判員判決で
時効撤廃法案を閣議決定=6月施行目指す
裁判員判決を修正=量刑理由の一部分
男性不明事件、殺人や監禁で起訴=強盗殺人などで逮捕の5人

<名進研>社長を在宅起訴…脱税割合高く悪質 岐阜地検(毎日新聞)
<日米密約>自民、歴代政権を擁護 麻生氏「承知してない」(毎日新聞)
<クロマグロ>「半減」の危機 完全養殖が日本の食卓救う?(毎日新聞)
潮干狩りでにぎわう 千葉の富津海岸(産経新聞)
進学塾「名進研」社長、3千万円脱税容疑(読売新聞)

子ども手当修正案を了承=公明(時事通信)

 公明党は11日午前の中央幹事会で、与党と修正で合意した子ども手当支給法案を了承した。山口那津男代表は冒頭、「修正案を提案して合意がなされた。今回の案は、公明党の言ってきた児童手当の拡充そのものだ」と評価した。
 同法案には、公明党の主張を踏まえ、付則に(1)児童養護施設の入所者など支給対象になっていない子どもへの支援(2)2011年度以降の子育て支援に関する施策の拡充−を検討することを盛り込んだ。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

岡田外相 米国務副長官と会談 イラン核での連携で一致(毎日新聞)
岡田外し「気にしてない」=普天間、対米交渉に意欲−外相(時事通信)
海老蔵さん・麻央さん 婚姻届を提出(毎日新聞)
<生ごみ>石炭並みの熱量燃料に 静岡大グループ開発(毎日新聞)
官房長官と沖縄知事が午後会談=普天間移設問題で(時事通信)

与謝野氏の辞任要求、「谷垣降ろし」誘発も(読売新聞)

 自民党の与謝野馨・元財務相が月刊誌への寄稿で、谷垣総裁の辞任を求める考えを明確にした。

 同党では、今月に入って舛添要一・前厚生労働相も谷垣氏の辞任に言及している。「ポスト谷垣」に名前が挙がるような大物議員からの相次ぐ批判で、党内にくすぶっている谷垣執行部への不満が、具体的な動きになる事態も出てきそうだ。

 与謝野氏は6日、都内で記者団に、「普段なら内閣が倒れるような(政治とカネの)事件が起きているにもかかわらず、自民党の評価が高まっていないことには、深い反省、思いを抱かないといけない」と執行部を批判した。ただ、執行部交代を求めたり、新党を結成したりする可能性については、「慌てる話ではない。そんなところまで一足飛びに話が行くわけではない」と述べるにとどめた。

 与謝野氏の執行部批判は、「政治とカネ」に絡む多くの攻撃材料を生かせず、参院選を控えて反転攻勢のきっかけをつかめない谷垣執行部への党内の不満を代弁したものだ。与謝野氏は2月12日の衆院予算委員会で、首相を「平成の脱税王」と称し、激しく辞任を迫った。ところが、5日後の党首討論で谷垣氏の追及は中途半端に終わり、党内では失望が広がった。与謝野氏は6日も記者団に、「谷垣氏に物足りなさを感じたか」と聞かれ、「それはみんな持っているのではないか」と述べた。

 舛添氏は1日の講演で、「民主党の支持率は自民党の2倍で、致命的だ。この点を党内の良識派が考慮すれば、谷垣総裁を降ろす方向に動くだろう」と語った。党内には、先に衆院でとった審議拒否戦術への反発も強い。こうした「反執行部勢力」が足並みをそろえれば、谷垣体制の足元は大きく揺らぎかねない。

 ただ、審議拒否戦術の失敗を理由に大島幹事長らの刷新を主張している河野太郎国際局長は6日付のブログで、「(谷垣氏が選出された)去年の総裁選に名乗りも上げようとしなかった人が、いきなり総裁に辞めろというのを聞くと、違和感がある」と与謝野氏を批判し、「総裁の進退をうんぬんするよりも、総裁に党内の体制を一新するよう求める」などと訴えた。

 谷垣氏は6日、長崎市内で記者会見し、執行部批判に対し、「党内で議論していないことを外に向かって言うのは好ましくない」と不快感を表明した。同時に、「中で議論して、風通しを良くすることに尽きる」と語り、今後は対話を重視する考えを示した。

 党内には「少なくとも夏の参院選が終わったところで執行部刷新だ。そうでなければ党が分裂するかもしれない」という声も出ている。谷垣氏にとっては、苦しい党運営が続きそうだ。

4221人を門前払い=国公立大入試の中後期日程−文科省(時事通信)
「密約」で参考人質疑へ=衆院外務委(時事通信)
<小林氏陣営違法献金>小林議員、説明なく去る…北教組逮捕(毎日新聞)
雑記帳 陸上自衛隊が炊事の競技会 福島駐屯地で(毎日新聞)
里見女流名人が大社高を卒業(スポーツ報知)

「JALは沈んじゃった」=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は5日夜、都内で開かれた日本アカデミー賞授賞式に出席した。首相はあいさつで、最優秀作品賞に選ばれた「沈まぬ太陽」の舞台となった日本航空(JAL)に「JALは沈んじゃったような気がしないでもない」と脱線気味に言及。続けて「まさに『沈まぬ太陽』で、もう一度よみがえってもらいたい」と同社にエールを送っていた。 

<もんじゅ>再開微妙に 安全性の説明不十分(毎日新聞)
太陽の両極に強い磁場=黒点のもと、活動期予測に−衛星「ひので」で発見(時事通信)
企業団体献金禁止で首相、今国会での法改正に意欲 五輪選手支援「積極的に検討」(産経新聞)
<もんじゅ>下請け2社献金 敦賀市長に5年で222万円(毎日新聞)
民主、「議員政策研」新設へ=政調復活論に配慮(時事通信)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
モバイル ホームページ
2ショットチャット
探偵
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
副業
カードでお金
アフィリエイト ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • <シー・シェパード>「代表に言われ監視船に侵入」 元船長(毎日新聞)
    カナ (08/30)
  • <シー・シェパード>「代表に言われ監視船に侵入」 元船長(毎日新聞)
    志波康之 (01/16)
  • <シー・シェパード>「代表に言われ監視船に侵入」 元船長(毎日新聞)
    桃医 (01/10)
  • <シー・シェパード>「代表に言われ監視船に侵入」 元船長(毎日新聞)
    タンやオ (12/29)
  • <シー・シェパード>「代表に言われ監視船に侵入」 元船長(毎日新聞)
    こういち (12/24)
  • <シー・シェパード>「代表に言われ監視船に侵入」 元船長(毎日新聞)
    ポリエモン (12/20)
  • <シー・シェパード>「代表に言われ監視船に侵入」 元船長(毎日新聞)
    ゴンボ (12/16)
  • <シー・シェパード>「代表に言われ監視船に侵入」 元船長(毎日新聞)
    ばきゅら (12/07)
  • <シー・シェパード>「代表に言われ監視船に侵入」 元船長(毎日新聞)
    俊之 (12/03)
  • <シー・シェパード>「代表に言われ監視船に侵入」 元船長(毎日新聞)
    さもはん (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM